第ニ章

「最初の一歩」




 重厚な鉄の扉が開かれ、私と美奈萌ちゃんは導かれるように、扉の中へと足を入れた。
  内部は……きちんとした造りの一室だった。
  てっきり洞窟の空間だと思っていたけれど、実際は鉄筋コンクリート製の壁が広がっている。

「お待ちしておりました。ガーデス様、美奈萌様」

 扉の側から声がかかった。
 それはブラウンの瞳と同じ色の髪を逆毛にした眼鏡のお兄さんだった。
 きっと、彼が扉を開けてくれたのだろう。

「奥の部屋に、ご案内いたします」

 ご丁寧にも、お兄さんはまるで執事のように振る舞っていた。
 それに「ガーデス」様って、私の事を言っているようだけど、私「様」を付けられるような人ではないんだけどな。
 でも美奈萌ちゃんは間違いなく、お偉いのではないかと…。

 迎えられた部屋はまた別室にあるようだった。
 新たな扉を目の前にして、私の心臓はバクバクと高鳴っていた!だって、この扉を開いたら、きっとグレイの瞳をした「彼」が待っているかと思うと、心臓の音を落ち着かせる事が出来なかった。

―――ギィィ――。

 重々しく扉が開き、先に中へ美奈萌ちゃんが入り、私は後に続く。

―――ドキドキドキドキッ。

「「お待ちしておりました」」

 部屋に入ると、男性二人からの声が入る。
 室内の明るさは控えめではあったけど、目の前で頭を深々と下げている男性達に、私は目を見張った。
 グレイの瞳のお兄さんと金髪のお兄さんだとわかった。

「とっとと、座らせて」
「はい」

 顔を上げたグレイの瞳のお兄さんは美奈萌ちゃんと私を豪華なテーブルとソファへと案内をしてくれた。
 西洋のアンティークなデザインのソファに、恐縮しながら腰を落とした。
 部屋にはテーブルとソファ以外の調度品は置かれていない、とてもシンプルな内装だった。
 なんだか秘密基地(?)にいるような感覚を思わる。

「喉乾いたわ。何か飲ませて頂戴。ここは少し冷えるから、温かいものがいいわ」
「え?」

 と、美奈萌ちゃんの言葉に、金髪のお兄さんが瞠目した表情を見せた。

「聞こえなかったの?」
「おもてなしせよと?」
「はぁ?あったり前でしょ?口開く暇があるなら、とっとと作って来なさいよね!」
「ふぁ~い!」

 ひぃ~!美奈萌ちゃん女王様!金髪のお兄さんは少々やる気さに欠ける返事をした後、渋々別室へと行った。
 そして……目の前には例のグレイの瞳のお兄さんがいる。

(あ~、どうしよう!!思っていた以上に、カッコ良くてドキドキする!!)

 私は柄にもなく、緊張の高まりに興奮していた。
 昨日、彼に初めて会った時は街灯が薄暗くて、姿がハッキリとは見えなかったけど、それでも十分にドキドキさせられるぐらい素敵だった。
 それが今、目の前にいるなんて……もう言葉に表せられないぐらい素敵すぎ!!

―――ドックンドックンドックンドックンドックン!!!!

「ガーデス様?」
「ちょっと聖羅!?アンタどうしたの!?茹でタコみたいに、顔が真っ赤じゃない!?」

 感極まりすぎて、のぼせそうなぐらい頭がグラグラとしていた!どうやら吹き出しそうなぐらい高揚とさせてしまっていたようだ。

「だ、大丈夫!ちょっと緊張して…慣れない状況だからだと思う」
「そうね。こんなむさ苦しい場所と野郎じゃ、気分も害するわよね」

 いやいや、むしろ気分が上々でこうなりました。

 ………………………………。

 一先ず、私が落ち着いた頃には金髪のお兄さんが戻って来ていて、私と美奈萌ちゃんに、飲み物を出してくれた。
 甘い上品な香りが漂う、多分バラの紅茶かな?

「有難うございます」

 私はお礼を伝えたけど、

「なにこれ?」

 美奈萌ちゃんからは鋭い突っ込みが入った!

「ローズレッドのハーブティです」
「は?なんでハーブティ?酸っぱいじゃん!もっと気を利かせてよね!!コーヒーが良かった!あ!ガーデス様にはティーね!甘めにしてミルクも付けてきて」
「え~!!」

 金髪のお兄さんから、喚き声が上がる!確かに、そうなる気持ちはわかります。

「み、美奈萌ちゃん!私はこのハーブティで大丈夫だよ!」
「無理しなくていいよ!聖羅には酸っぱすぎる、無理だって」
「大丈夫、大丈夫!それよりも大事な話を進めた方がいいだろうし」
「…そう?仕方ないわね。ガーデス様のお言葉に甘えて我慢するわ」

 美奈萌ちゃんは仕方ないと無理に納得してくれたようだった。ふぅ~!金髪のお兄さんに、これ以上不憫な思いをさせるのは可哀想だもんね!お兄さんは心なしか嬉しそうかな?とりあえず良かった。
 お兄さん達三人が揃って、ピリッとした空気が流れる。
 そして…。

「ガーデス様、美奈萌様、まずは私達から挨拶を」
「んなの省略!まずは聖羅に、私達組織の説明が先でしょ!?」

 美奈萌ちゃんから、また派手な罵声が上がる。
 でもグレイの瞳のお兄さんは多分、自己紹介からしようとしていたんだと思う。
 美奈萌ちゃん、せめてグレイのお兄さんのお名前は知りたいよ?

「畏まりました。それでは畏れ多いですが、ガーデス様のお名前を伺ってもよろしいでしょうか?」
「え?」

 グレイのお兄さんから視線を向けられ、私は心臓が飛び出しそうなぐらい速まる!!長めの前髪から覗かせるグレイの瞳は透き通る程の綺麗な色をしている。

「あ…あ…あの……な……な」

 しかし、私はあまりの緊張ぶりに、ろれつが回らない!顔に熱が籠って息苦しい!!

「聖羅様よ」

 不甲斐ない私の様子気遣ってか美奈萌ちゃんが答えてくれた。

「聖羅様ですね」

 うわ~、名前を呼ばれてしまった!あまりに涙ちょちょ切れて思わず、

「あの、お名前は?」
「え?」

 と、大胆にもお兄さんの名前を訊いてしまった!聞こえるか聞こえないか分からない、か細い声だったけれど。
 でもグレイの瞳のお兄さんに、ちゃんと聞こえてくれていたようだった。

「マーキス・カレンベルグと申します。ガーデス様」





web拍手 by FC2


inserted by FC2 system