番外編③「彼の手癖は許せません!」




 ――ひぃぃ! い、今、キール、ち、千景と呼んだよね!?

 な、なんで私がここにいるって知っているんだ!? いや、まずは早くここから出ないと、なにされるかわからんからな。私は恐々こわごわとしながら、デスクの下から顔を出した。するとだ、目の前に華美な刺繍が織り込まれた礼服を身に纏うキールが立っているではないか!

 ――ひぃぃ、こ、怖い!!

 キールは怒っているようには見えなかったけど、なんとも言えない無表情で、それが妙に気圧された。私は罰が悪そうにして目線を伏せる。

 ……………………………。

 なにか問われる様子もなくて沈黙が流れる。その内に居た堪れなくなった私は自ら口を開いた。

「な、なんで私がここにいるってわかったの?」
「千景、そんな事を訊く前に、他に言う事があるんじゃないのか?」
「え?」

 問われて咄嗟に顔を上げれば、キールと視線が合わさった。うっ、怖い。彼は目を細め、子供を叱咤するような表情をしていた。

 ――ど、どうしよう、なにを言わせたいんだろう。

 私は思考を巡らせて必死に考える。……あ!

「ご、ごめんね。美女とのエッチ、私がいたから出来なかったんでしょう?」

 間違いない、キールは美女とエッチをしたかったのに、私がいたから出来ずに苛立っているのだ! ところが、キールは盛大な溜め息を吐いた。

「?」

 その溜め息の意味が私にはわからない。

「なんでデスクの下にいた?」
「それは急にキール達が入って来て、この部屋に私がいるのは良くないような気がして、つい隠れちゃったの」
「幼き子供じゃあるまいし、デスクの下に身を潜めるなど、宮廷の人間として恥だな」
「フ、フンだ。私は元々ここに住むような格式のある人間じゃないもんね。それにキールだって私が居るの気付いてたなら、出してくれても良かったのにさ」

 わわっ、素直に謝ろうとしていたのに、口答えをしてしまったよ。

「オマエ、全く反省してないな?」
「そ、そんな事ないもん」
「デスクの下に隠れるような恥晒しを表に出して、自分まで辱められるのは御免だ」

 私の口答えが悪かったのか、キールの厳しい言葉と視線に私は焦り始めた。

「そこまで言わなくても」
「厳格な官職達の集まりだ。オマエが思っている以上に彼等の目は厳しい。オマエのバカな行動一つで、品格を落とさせるな」
「…………………………」

 言い返したかったけれど、キールの言っている方が正しいんだって思うと、なにも言えなくなった。代わりに涙で瞼が膨らんでくるのがわかった。そして涙が頬へと流れそうになった時……。

「それと、あながちオマエが言っていた事も間違っていない」
「え?」

 キールの言葉の意味がわからず戸惑っていると、彼は私との距離を縮めて来た。

「出来なかった分はオマエで補ってもらう」
「え?」

 私がキョトンとしていると、いきなりキールは片手を伸ばして、私の胸をガシッと鷲掴みする。

「な、なにしてんだよ!?」
「言っただろう? 邪魔されて出来なかった分はオマエに責任を取ってもらうんだって」

 そう言いながら、キールは掴んだ私の胸を揉み出した。服の上なのにビリビリッと刺激が躯中へと回る。

「や、やぁ!」

 カァーッと顔に熱が集約して、私は必死でキールの手を払い退けようとするけど、当然力では敵わなくて、むしろ私の抵抗に一層手の動きが悪化する。

「ん、んぅ!」

 声をこらえたいのに、自然と洩れてしまって恥ずかしい。自分でも顔が熟れた林檎のように真っ赤になっているのを感じた。そこにさらなる熱を加えられる。

「ふぁあっ」
「へぇー、服の上からなのに感じてたんだ?」

 今度は言葉責めで羞恥心を煽られる。キールから意味ありげな笑みをされていて悔しい!

「ち、違うもん!」

 図星だったけど、認めたくなくてつい否定的に答えてしまう。

「ふーん」

 キールは面白くなさげに笑みを消した。

「え? ちょ、ちょっと」

 さらにだ。キールの手が私のスカートの中へと入り、腿を伝って間のショーツを擦り上げた。

「やぁあっ」

 ほんの触りだったのに、与えられる刺激は十分に強かった。さっきの胸の刺激で躯が敏感になっていたのだ。

「もう濡らしてたのか? 胸を触ってから、そんな経ってないのにオマエ厭らしいな」
「ち、違うもん! そ、それは汗だもん!」

 私は羞恥のあまり、キールの言葉を抵抗した。

「そうか。じゃぁ、汗かどうか確かめないとな」
「え?」

 キールの表情が真顔に豹変すると、指がショーツの中へと侵入してきた。

「や、やだぁ!よ、呼んでくるから!」
「は?」

 私の叫び声にキールの指の動きが止まる。

「さ、さっきの女性をここに連れて来るから! それならいいでしょ!」
「なに言って?」

 キールが硬直している、その隙をついて私は彼から乱暴に離れた。

「すぐに見つけて呼び戻すから、ここで待ってて!」
「おい!」

 私はキールに伝えるだけ伝えて、その場所から逃げるように扉へと向かい、そそくさ部屋から出て行ったのだった……。

☆*:.。. .。.:*☆☆*:.。. .。.:*☆

 あ~どうしよう、どうしよう! 私はバスタブに浸かりながら、懸命に解決策を探っていた。キールと会議室で云々あった後、私は美女を連れ戻しに探しに行った。まず正門まで行って、美女が宮殿から出ていないかを確認した。

 正門の守衛さんに訊いたところ、まだ彼女は出ていないとの事だったから、暫く正門前で通るのを待っていた。でもなかなか来る気配がなく、キールも待たせているし、焦った私はその場から離れてしまった。

 美女を探しつつ、キールを待たせている会議室に戻ろうとしたのに、場所が全くわからず、すれ違う使用人さん達に尋ねてはいたんだけど、なんせ似たような部屋が多々あるもんだから、訊いても訊いても会議室には辿り着けなかった。

 その内に美女探しはそっぽとなり、会議室探しになって、やっとの思いで目的の部屋に着いた……頃にはキールの姿は無かった。そりゃそうだ。待たせてから一時間以上が経っていたもの。仕事中のキールが待ってくれているわけないよね。

 結局、美女を連れて来られず、キールともあのまま会えずで、今の私はなにをどう言い訳したらいいのか試行錯誤中であった。あ~、なにも解決策が浮かばない! もう正直にキールに謝り倒そう。私は渋々な思いでバスタブから出た。寝巻を着て寝室へと戻ると、

「あっ」

 ちょうど仕事から帰って来たキールと出くわしてしまったぁああ! いつもなら彼に「お帰りなさい」って声をかけるのに、今日はなにも言葉が出ない。私はキールの姿を映せずに俯いていると、

「千景……」

 彼から名前を呼ばれ、私はビクンッとなった。きっと、会議室の出来事を責められるんだ。キールから続く言葉を待つ時間は恐怖だった。

「ちゃんと彼女に会えたよ。オマエが呼び戻してくれたんだろ?」
「え?」

 身に覚えのない出来事で、私はキールを無駄にガン見してしまう!

 ――え、え? どういう事?

 キールの言う彼女ってイチャつこうとしていた美女の事だよね? その彼女が自ら会議室まで戻って来たの? どういう事だ?

「そ、そう」

 私は意味が把握出来ていなかったけれど、適当に答えた。

「ありがと。事もちゃんと済んだし」
「え?」

 事ってあれかい? 美女とエッチしたって事だよね? ……私は一気にカァーと熱で顔が赤くなっていく。

「そ、そうなんだ! よ、良かったね」

 私はキールから視線を背けて言葉を返した。

「オレも浸かってくるわ。久々に良い汗を掻いたしな」
「!?」

 サラリと凄い事を言ったキールに、いちいち反応してしまう自分に嫌気が差した。そんな私の気持ちを知らないキールは颯爽とした足取りで浴室へと入って行った……。

☆*:.。. .。.:*☆☆*:.。. .。.:*☆

 私は髪を乾かした後、ベッドに横たわっていた。キールはまだ湯浴み中だ。

 ――やっぱキールは生意気だよ!

 まだティーンのくせにさ! あらゆる女性とエッチしちゃってて、しかも私にまで手を出してるじゃん! 今日だってちゃっかりエッチな事してきていたし、その後に違う女性とガッツリしてきて、シレッと私の前に現れて信じらんない!

 私は無性に腹が立って立って仕方なかった。ちょっと綺麗な顔してカッコイイからっていい気になるなよな! フンフンだ! チナールさんだったら、絶対にそんな不埒な事はしないもんね! やっぱ私にはチナールさんしかいないな!

 私が憤慨してあれこれ思考を巡らせていると、いつの間にかキールが浴室から上がって来ていた。彼は私の姿を目にすると、不思議そうな顔をして、私の前まで寄って来た。

「千景、なんでそんな端っこで寝てんだよ? こっちに来いよ」
「今日は端っこで寝たい気分なんです! 放っといて下さい!」
「は? なんだよ、それ? 敬語だし、気持ちわりぃ」

 き、気持ち悪いだとぉ! 誰のせいでこんな風になっていると思ってるんだよ! あったまくる!!

「おい、早くこっちに来いってば」

 人の事を気持ち悪いと言っておきながら、普通に話しかけてくる神経が理解出来ない。私はキールの言葉をシカトして寝たフリをする。そんな私の態度に、キールが痺れを切らしたのかベッドを伝って、

「おい千景、聞こえてんのにシカトこくなよ」

 私の肩に触れてきた。それに私は異様に嫌悪感を抱く。

「触らないでよ! 穢わらしい!」

 自分でも驚くぐらいに叫んで、キールの手を払い退けてしまった。

「なんだよ、それ?」

 私はキールに背を向けたままだったから、彼の表情がわからなかったけれど、声からしてかなり怒っているのが伝わってきていた。

 …………………………………。

 嫌な沈黙が続いていたが、ふとキールがベッドから下りて行く気配を感じた。そして私が目を向けた時、キールは扉の方へと向かっていた。

「何処に行くの?」

 思わず私は躯を起こして問う。

「オマエのいない所」
「え?」

 キールの答えに私の鼓動が狂い出す。私に背を向けたまま放つ冷めた言葉は、まるで私を見捨てるかのように情味を感じさせなかった。それからキールは振り返って、真っ直ぐと私を見据えて言う。

「今日からオマエと同じ部屋では寝ない。これから先もずっとだ」

 それだけをキールは言い放つと、そのまま部屋から出てしまったのだった……。





web拍手 by FC2


inserted by FC2 system