番外編⑬「想いはいつでも甘蜜」




「やっ、やぁあっ」

 私の脚の間に入り込んだキールは舌を秘所へと忍ばせている。水気を含んだ熱い舌が巧みな動きをして這い回り、私の躯全体を震わせていた。しかもこの体勢、私が初めてキールと出会った日にもされた羞恥そのものの格好だ。

 躯が反り上がり、高い位置で脚を掛けられるから、抵抗する事が出来ない。もう恥ずかし過ぎて、なんて言葉で表したらいいのかもわからない。この格好だけはやらないで欲しいと懇願していたぐらい、私は苦手なのだ。

 責め好きなサディストのキールもそのお願いだけは守ってくれていたのに、今日は相当に怒っているせいか、わざとこの行為をして、私を辱めているのだろう。でもやっぱこれはダメッ、本当に堪えられない! 恥ずかしいよぉ!

「やぁ、やぁだぁぁん、あん、あん、ひゃん、はぁぁん!」

 私は顔から火が噴きそうなほど真っ赤にし、心臓も爆発しそうで、固く瞼を閉じて行為から視線を逸らしていた。でも波打つ高揚感に躯は幾度も跳ね上がってしまう。

 ――もう無理だよぉ。さっきイッたばっかりなのに……。

 そんな私の心の叫びを知る由もないキールは熱の籠った舌をネットリと纏わせ、秘所全体を侵食していく。ピチャピチャと音を漏らし、次第にその音はグヂュッヂュルと、なんとも言えない卑猥な音へと変わっていった。

「あんっ! そ……んな……音……出さ……ないでぇー、あぁあんっ!」

 最初は舌を慣らすように万遍なくねぶっていたのに、気が付けば赤く膨れ上がった花芯を弾くように突っついたり、押し潰してグルグルと旋転させたり、吸い付いて引っ張り上げたりを執拗に繰り返していた。

 指とは異なるまろやかな触感は甘い余韻に浸るような陶酔感を与える。死んでしまいそうなほど、恥かしいと思っているのに、躯はしっかりと享楽に耽けていて、キールの貪る物狂おしい姿に妙な興奮を覚えていた。

 愛する人だからこそ、こんな大事な場所を好きに出来る特権があるのだ。結局、最後は私が諦めて流されてしまう事をキールはわかっている。だから彼はいつでも私を好きに翻弄してしまうのだ。キールの愛撫は恐ろしいほど、私を狂わせる。

「あぁぁんっ! 奥はらめー!!」

 溢れる蜜によって開けた花びらの中を舌は難なく沈んでいく。深くまで滑らかに滑り込み、内部を色付けていく。花芯を弄られた時とは異なる快感。花芯はデリケートな部分だけあって配慮があるけれど、秘所の奥は力強く責められていた。

「あぁぁん、あん、んあぁ、いやあん、あぁぁんっ!」

 私は半ば狂ったように嬌声を上げていた。拘束された格好で上から優越に舌でなぶられ、敗北感やら羞恥心やらといった色々な思いが交差して、脳内を犯される。もうまともに思考が回らないよぉ!

「ふぁああんっ」

 一層甲高い声が上がる。舌は奥の弱い部分から昇って花芯へと回り、激しい稲妻が駆け巡る。さらに皮に守られていた花芯を露わにされ、すべての神経が秘所へと集中した。

 ――もう、無理!

「……もう……らめっ――――!!」

 込み上げる快楽の大波に堪え、意識が快楽の絶頂へと押し流されそうになった時、

「え?」

 すっかり秘所に溶け込んでいたキールの舌が突然に離れたのだ。一瞬の出来事に、私は呆然となって硬直とする。

「え……?」

 獲物を捕らえた虎のような鋭い目をしたキールから、透かさず脚を大きく広げられる。

「あっ……だめぇ――――!!」

 私の静止する叫び声が合図のように、キールは屹立した一物を私の秘所の奥へと勢い良く沈ませた。

「んぁあん!」

 最奥まで埋め込まれる重圧に、躯は大きく仰け反ってしまう。

「いやぁあんっ、あんあんっ」

 しっかりと腰を押さえ付けられ、隆々としたキールの熱塊を容赦なく責め込んできた。随分とお預けを食らった私の躯は過剰に反応を示していた。いつもより硬く熱い雄が激しく蠢き、私の中で快楽を広げていく。

「あんっ、あんっ! 気持ち……いい……のぉ……もっとぉ……あんあんっ!」

 快感が蘇り、トランス状態となった私は本能に従い愉悦を吐露する。私の鼻にかかった甘えた声の懇願に、キールの雄がさらに膨張するのを感じ取った。圧力に重みがかかったが、新たな酔いに襲われる。

 体勢を変えては挿入角度までも異なり、ありとあらゆる場所に雄が蠢いて、その度にグヂュグヂュ、ヂュブヂュブと淫靡な音を響かせ、情欲に煽られる。激しく揺らぐハンモックに情液の水溜りが浸透していた。

「はぁぁん! やんっ、んんぅ、あんあん、ああぁん!」
「はぁはぁはぁはぁっ」

 自分の嬌声とキールの乱れた息、湯気と人から放たれる熱気から、尋常ではない汗が滴る。狂ったように踊る私の胸が激しい動きを物語っていた。そしてキールの脈打つ熱塊に何度も強く深く打たれ、まるでなにかを訴えるかのように刻み込まれる。

 ――なにが……言いたいの? キール……。まだ……怒っているの?

 キールは躯全体に熱を帯びて、艶めかしい息遣いと表情をさせていた。それが堪らなく私の快楽を深めて懸念を忘れさせてしまう。

「あぁあん! そこらめぇー!!」

 堪らなく気持ちの良い場所に当たると、一段と喘ぐ声が上がって秘所がキュゥーと一物を締め付ける。感度の上がりがキールにも丸わかりとなって、その場所を一心に打ち込まれてしまう。

「あぁあんっ!ら、らめなのぉー!!」

 あまりの気持ち良さに堪え切れず、感情とは裏腹の言葉を洩らしてしまう。荒波に幾度も呑まれ、意識が、心までもが持っていかれてしまう。さらに躯が壊されるのではないかというぐらい打ち突く速度が上がっていく。

「はぅん! あぁあんっ、やぁんっ、あんあんあんっ」

 ――もう本当にダメッ、壊れちゃう!

 躯が浮いて跳ね上がる激しい揺さぶりに、躯も意識も限界へと近づく。

「んぁあん! もう……イッちゃうよぉー!!」

 私の叫び声から最後の大波が襲って来た。

「くっ」
「ふぁああん!」

 キールの吐き出す声と共に、ドクドクドクンッと勢い良く精が放たれた。

「ぅ……ぁあ……はぁはぁ……はぁ……」

 私は声にならないか細い息を吐き続け、意識が朦朧としたままキールへと視線を上げる。まだ私の中に入ったままの彼も荒い息を整えている。それからお互いに言葉は交わさず、暫く繋がったままでいた。だがやや経つと、

「え?」

 キールが私の脚を広げて秘所に一物を宛がってい……る?

 ――さ……すがに無理!

 今、膣内は麻痺した感覚になっていて、躯は限界だと訴えている。でも私はキールを止める声も力も出せず、雄を受け入れる羽目となった。

「ふぁああん!」

 私の声と共に躯が退けるが、キールからしっかりと腰を固定され、再び激しい抽迭ピストンが繰り返される。

「はぁぁん、やんっ、んんぅ、あんっ、あんっ、ああぁん!」


 乱暴に躯を揺さぶられ、頭の中ではもう無理だと思っていても、私の躯は従順に反応して快楽に溺れる。汗ばむキールは理性を失った肉食獣のように、私の躯を貪り続けていた。

 キールの憤りは治まっていないのかと、悲しい気持ちに我慢出来ず、おのずと涙が溢れてしまっていた。こんななにも言われずに、ただただ躯に打ち込まれて、なにをどうしたらいいのかがわからない。

「ヒック……うっ……ヒック……」

 いつの間にか私の喘ぎ声はしゃくり上げる声へと変わっていた。

「ふぇ……んっ……ヒック……」

 嘆く声が大きくなると、無心で揺さぶっていたキールの手がピタリと止まっ……た?

「「はぁはぁ……はぁ……はぁ」」

 私はグッタリと横たわって、速まる呼吸を必死で正常に戻そうとしていると、

「……千景」

 キールから名を呼ばれてハッとする。行為中に一度も言葉を交わさない無機質の彼だったが、いつもの色が戻っていた。放心状態の私は視線だけ向けるのがやっとだった。するとキールは大きな手で私の頬を包み込む。

「……千景、こんな泣かせるまでごめん」
「え?」

 こんな今にも泣き崩れそうなキールの姿は初めてかもしれない。私は瞠目して彼を見上げる。

「本当にごめん」

 もう一度キールは謝ると、私の躯を抱き竦めた。触れ合う肌からキールが震えているのが伝わって、私は頬に涙が伝った。

「いい……よぉ。だって……キール、怒っていたんでしょ? 私が無神経に両親の話をしたから。キール、お父さんとお母さんの事を思い出して悲しくなったんでしょ? 私の方こそごめんね」

 声を絞り出して伝えると涙が溢れてきて、私はキールの背中にギュッと腕を回した。

「そうじゃない」
「え?」
「そうじゃないんだ」

 キールは酷く切なげに応える。

「そうじゃないなら……どうして?」

 …………………………。

 キールはすぐに答えない。

 ――どうして?

 でも包み込まれている腕に力を籠められる。

「オマエに背中を流して貰っている時、嬉しそうに話すオマエが素で語っているんだってわかったんだ。それにオマエから両親の話を聞いたのも初めてだった。普段はオレに気を遣って話すのを控えているんだろうけど、無意識に口にしたぐらい、本当に大切な存在なんじゃないかって」
「え?」
「肉親なんだから、そう思って当然だ。その大切な人がいる世界だ。いつかオマエが帰りたいって思う日が来るんじゃないかって思って」
「キール?」
「そう思ったら自我を忘れて、オマエを無茶苦茶にしてた」
「あ……」

 それでキールはあんなに私を無理に抱いていたの? 私の中にある入り組んだ糸が繋がる。

「オレは本来オマエが望むのであれば、元の世界に帰す覚悟だってあった」
「え?」

 ――私を帰すって?

 なんでそんな話の流れになったのかわからず、私は困惑する。

「本当に愛しているオマエだから、オマエが望む幸せを形にしてやりたいと思っていた。……でも今はもう無理なんだ。オマエがいない世界なんて、考えただけでも気がおかしくなりそうだ。オマエにだけ自分の世界を捨てて、こっちにいて欲しいなんて勝手な我儘だとは思っている。それでも離したくないんだ。本当に愛している、千景……」
「キール?」

 涙が止めどもなく流れる。キールが血を吐くような切ない想いを伝えてくれた事に、心が打たれたのだ。今までキールからどのぐらいの愛をもらってきただろうか。胸に溢れる想いが沢山ありすぎてわからない。そんな中で改めて伝えてくれた愛はまた格別だ。

「私、何処にも行かないよ! 私がキールの事、好きで好きで堪らないの知っているでしょ? 私だってもう離れるなんて考えられないもん。ここでキールの傍で、ずーっと一緒にいるから、だからもう悲しまないで……ね?」
「千景……」

 私も腕に力を込め、キールを包み込んだ。お互い生まれたままんまの姿で感じる温もりは嘘偽りなく、素の想いを重なり合ったのだ。

 ……そして、その後の私達ときたら。

「やぁああん! こんなのらめなのぉー!!」

 ラグジュアリーな寝室で、甘い蜜夜が行われたというのは言うまでもない。





web拍手 by FC2


inserted by FC2 system