Please36「真摯に向き合う気持ち」




「ふっああんっ!」

 下からアクバール様の腕が伸び、私の双丘を捕らえた。秘所と合わせて同時責めだ。私はビリリッとした刺激に弾かれ、躯が大きく仰け反った。アクバール様は狙った獲物を逃さまいと言うように、執拗に揉みしだいていく。

 豊潤な蜜が溢れ返り、舌を奥へ奥へと誘っていく。アクバール様の欲望のままに蠢く舌と指の淫技によって、私の躯と意識は何度も弾け、快感を甘受する。肺が焼けるように熱くて、まともに呼吸が出来ず、ただ艶めかしい声しか出せない。

「あんあんはぁあんっ」

 私が快楽に溺れれば溺れるほど、アクバール様の淫行は深まっていき、躯全体が恥じらいの頂点へと昇って真っ赤に染まる。夫婦といえど、夫に大事な部分を押し付け、貪られているなんて信じられない。

 どれだけ今、自分は淫らな姿をしているのだろうか。本当に世の中の夫婦はこんな淫猥な行為をやっているの? またアクバール様に騙されているのではないかと疑う心があるのに、躯は快楽に耽ていた。

「あぁんっ、んぁあっ、あ……あぁっ!」

 ――ビクンッビクンッ。

 躯が水揚げされた魚のように飛び上がる。

 ――あぁもうやってくる。

 高みに押し上げられてキュゥッと秘所の奥が収斂した。

「ふっぁああ――――!!」

 刹那、世界が弾けてまっさらになる。硬直が解かれ躯がガクンガクンッと揺れ動いて、私は盛大に達した。

「はぁはぁはぁはぁ」

 躯の力を奪われた私は項垂うなだれると、ようやくアクバール様から解放される。ドサリと私はうつ伏せの体勢でなだれ込んだ。

「はぁ……はぁはぁ……」

 必死に途切れる息を紡いでいく。それだけで手が一杯でアクバール様の事なんて気にしていられなかった。だから彼が今どんな状態なのかが分からない。……臀部を掴まれるまでは。それはすぐにやってきた。

「な、何を?」

 私は顔を捻って視線をアクバール様へと向ける。目に入ったのは欲情を湛えた彼の表情と、スッカリと出来上がってそそり立つ彼の分身だった。咄嗟に身の危険を感じた時には遅く、

「悪い、レネット。我慢が出来ない」

 アクバール様が私の臀部の上へと跨り、私の花襞に雄芯を宛がう。

「そ、それは駄目ですっ」

 反射的に私は止めにかかろうとするが、挿入されそうな場面を見ていられなくて寝台に顔を埋めてしまう。アクバール様は何をどう思ったのか、さらに私の臀部を左右へと広げる。

「ぁ……んっ」

 勝手に口元から淫らな声が洩れると、ヂュヂュヂュヂュという淫音と共に雄芯が膣内へと沈んできた。

「ふっぁああん」

 圧迫感に押され躯が前に浮いたが、なんとか持ち堪える。

「くっ……」

 アクバール様から苦し気な、でも何処か艶を帯びた声が聞こえた。彼は挿れただけで感じたのだろうか。そう思ったら胸と膣内がキュンと締まり、楔がより熱をもって鋭く穿つ。

「あんあんっ」

 私は嬌声をあげながら呼吸を吐き出す。息が乱れているのはアクバール様も一緒だった。鞭で打つような激しい腰の動きをして、パンパンッと淫猥な音が響かせる。アクバール様が穿つ度に躯が寝台に押し付けられて苦しい。

 おまけに汗が滲んで躯中が沸々と煮えるように熱かった。こんな無理やり犯され、卑猥の音を聞かされているのに、私の躯は従順に悦楽を覚える。汗と共に滾り、怖いぐらいに愉悦の世界へと溺れていく。

 このまま絶頂へと押し上げられると思ったが途中で抽挿が緩められた。そしてアクバール様から腕を掴まれ、私達は繋がったまま一緒に上体を起こす。それから私は脚を左右に広げられ、膝立ての体勢となった。

 アクバール様が私に何をさせようとしているのか、不安になって彼の方に振り返れば、腕と腰をガシッと拘束され、躯を揺さぶられる。予期しない出来事に私は驚愕と困惑が生じた。

「ふぁっん、あんあんあんっ!」

 うつ伏せの時とはまた違った獰猛な動きで、躯を激しく蹂躙される。こんな平衡感覚のない体勢で速い動きをしていても、私達は崩れる事なく一体化を保っていた。炙るような熱杭は膣内を完膚無きまで嬲り、私に逃げる隙を与えない。

「はぁんっ、もうっいやっ、あんあんっ」

 苦悶、羞恥、快感と様々な感情によって頭の中がグチャグチャに掻き乱される。そんな私の状態を背後で責めるアクバール様が気付くわけもなく、彼はゆさゆさと揺れる私の乳房にまで手を伸ばし、揉みしだく。

「あぁああんっ」

 今は触れてはならない性感帯を嬲られ、快楽を最大限に引き出され、もうこれ以上の快楽はないと思えるほど高みまで押し上げられる。

「もっもうっ、ら、らめっ」

 私は顔をフルフル振って「やめて」と訴える。私は舌が回らず、訴えも空しく消え失せた。アクバール様から問答無用に熱杭を注ぎ込まれ、卑猥な水音と淫靡な香りで充満した部屋で、私と彼は性塗れになっていた。

 魂まで貪られるような熱情の嵐の連続。ただただ激しく揺さぶられていただけだったのに、いつしかそこに情熱的な愉楽が生じている事に気付くと、胸の内になんとも言えない幸福感が広がり、そして法楽が高波の如く駆け上がった。

「もういくっ」
「くっ」

 お互いがグッと息が詰め、頂点へと昇り詰めた。

「あぁああ――――!!」

 何がどうなったのか記憶が飛んでしまうぐらい、私の頭の中はパァンと吹き飛んでしまった。気が付けば私は寝台の上に倒れ込んでいた。

「「はぁはぁはぁはぁ」」

 アクバール様も私の背後で呼吸を整然している。

「レネット……」

 私の髪を撫でるアクバール様から名を呼ばれ、私は躯の向きを変えて彼の顔を見つめる。その途端、えもいわれぬ安堵感が胸の中へと広がっていた。

「どうした、何か言いたげだな」
「顔が見られないのは嫌です」

 後ろから責められるのは深い快感はあっても、何処か物足りない。それはアクバール様の顔が見られないからだ。顔を見つめ合うのも恥ずかしいけれど、その方が安心するのは事実。

「は?」

 残念ながらアクバール様には私の想いが通じなかったように思えた……のだが……。

「悪かった」
「ひゃっ」

 いきなり躯を仰向けにさせられ、脚を大胆に広げられる。

「今度は顔を見合いながらやるか」
「もう!」

 ニッと口角を上げて色気を醸し出すアクバール様が憎らしい。でもなんだかんだ最後には受け入れてしまう自分が一番が憎いのだ。

「んっぁあ……」
「レネット」

 挿入されてすぐに名を呼ばれる。繋がったら余裕なんてないのに。

「なんですか?」
「次のオレの休みに二人で出掛けないか?」
「え?」

 突拍子もない話を切り出されて私は目を丸くする。

「ど、どうしたんですか? いきなり」
「互いの息抜きだ。気分転換は大事だろ? 特に今のオマエには」
「アクバール様……」

 彼なりに私の事を心配してくれているんだ。気遣いと優しさが伝わってきた。

「都会もいいがオレ達が住んでいた森のような穏やかで自然に恵まれた場所へ行こうかと思っている」
「それはいいですね! 楽しみです!」

 芸術の都会もいいが、やはり私には長閑な自然の方が性に合っている。またあの森のような自然のある場所に行けると聞いただけで、素直に喜びが溢れる。

「あぁ、楽しみだな。でもまずは今はこれ・・を先に楽しむぞ」
「! ……あぁんっ、ま、待っ……あんっあんっ」

 私の制止する声は抽挿によって消されてしまう。

「愛している、レネット」

 そしてアクバール様から蜜塗れにでもなるような甘~い言葉や呼吸を奪われるような濃厚な口づけが落とされ、まだまだ私達の濃密な夜は続くのであった……。

*✿*。.。・*✿*・。.。*✿*

「アクバール様、レネット様、おはようございまぁ~す!」

 翌朝、アクバール様と一緒に寝室から出ると、すぐに声を掛けられた。

「おはようございます、クレーブスさん」


 振り返ると、そこには輝くばかりの満面笑顔のクレーブスさんが立っていた。彼はとても機嫌がいいみたいだ。

「お二人揃って移動ですか? 相変わらず仲がよろしいようで何よりです❤」

 クレーブスさんから最後にハートマークでも付けるような言い方をされて気付いてしまった。彼の言う裏の意味に私は頬を赤色に染める。隣のアクバール様からは溜め息が聞こえた。

 私とは違って呆れたとでも言うような雰囲気だ。アクバール様もクレーブスさんが言いたい事を察したのかな。不機嫌そうな彼をクレーブスさんは目の前にしても、陽気な様子は深まるばかり。

「それにお二人共とてもお肌が艶やかで~」

 あぁ~なんて事をクレーブスさんは言い出すのだろうか。私は益々頬の色を赤く染め、そっと目線を落とす。

「あぁ、レネットと一緒で毎夜、心地好い微睡みが出来ている」

 どういう風にアクバール様が答えるのかと思いきや、予想を反した答えに私はギョッと目を剥いた。

「そうですか、そうですか! 羨ましいですね~。是非、私もご一緒にさせて頂きたいです! なんでしたら今夜から3P……ぐほっ!!」

 クレーブスさんが言い切らない内に、アクバール様はグーをお見舞いした。あぁクレーブスさん、鼻を押さえて痛そうだ。

「結構だ、クレーブス。レネットとの時間はオレ一人で十分だ」
「アクバール様のケチ~! おまけに乱暴者!」
「黙れ、このド変態めが」
「ド変態のアクバール様に、言われる筋合いはございません! この変態王子!」

 容赦のないアクバール様だけど、クレーブスさんも全然負けていない。二人は口ではなんだかんだ言い合っているけれど、まるで兄弟のように仲が良く見えた。主従関係の関係の二人は切っても切れない仲なのだろう。

「ふふふっ」

 気が付けば私は笑みが零れていた。

「レネット?」

 アクバール様に複雑な顔をされて名を呼ばれた。

「失礼しました。アクバール様とクレーブスさんは本当に仲がよろしいのですね」
「仲が良いなど「えぇえぇ、そうなんですよね~♪」」

 アクバール様が答えようとしたら、クレーブスさんがとても嬉し気に言葉を重ねてきた。

「アクバール様がお生まれになった頃から、私はずっとお傍におりますからね。家族同然ですよ~」

 喜々満面で答えるクレーブスさんだが、アクバール様に仕えている事を心の底から誇りに思っているのだろう。アクバール様も満更でもなさそうだ。そこに少しだけ嫉妬を感じる自分は心が狭量なのかな。

「そうなんですね。お付き合いが長い分、絆も深くなりますよね。家族同然と言える仲が微笑ましいです」

 そう思う気持ちは偽りない。ただ少し切なさを覚えた。

「何をおっしゃっるんですか~? レネット様もアクバール様とご結婚なさったのですから、私達はみな家族になったのですよー」
「「え?」」

 今のクレーブスさんの言葉に、私だけではなくアクバール様も驚いた。まさかクレーブスさんが私も家族のように見てくれていたなんて、どうしよう、とても嬉しい。王宮ここでに自分の居場所があるのだと、実感出来たように思えた。

 最近はずっと気分が優れない日々が続いて、考えが悪い方向ばかりにいっていた。でももう少し前向きに考えて取り組んでみよう。今までずっとアクバール様への気持ちも、うやむやにしていたけれど、これからはもっと真摯に向き合おう。

 ――そう考えが良い方向へといっていたのに……。

 神は私には甘くなかった。後日、私の考えなど見事に覆される事件が起きるだなんて、この時の私には知る由もなかった……。





web拍手 by FC2


inserted by FC2 system