Rival6「真っ白に輝く世界で愛を紡ぎます」




「うわぁ~、もしかしてこれ・・は雪なのか!」

 オレは子供が昂奮したように頬を紅潮させながらライへと問う。足の爪先から先に広がる煌々した真っ白な世界にオレの心は躍っていた。

「これは雪じゃないぞ。寒さも感じないし、ほら触ってみたら分かるだろ?」

 ライが腰を落として白い輝きに触れて説明する。オレもしゃがんでそれ・・に触れてみた。

「うわっ、フワフワしてる! 綿毛わたげみたいだ!」
「そうなんだ。この綿毛の集合体が雪のような景観を生んでいるんだ」
「凄いな、これは!」
「レイン、これを何処かで触った感じがしないか?」
「ん?」

 オレは首を傾げて考えてみる。

 ――こんなフワフワな感じ初めてだけどな。

「ほらっ」

 そう言ってライはオレの手に抱いているリリーとリオに指差す。

「え? もしかしてリラウサか?」
「そうだ。リラウサはこの綿毛ロココを原料にして作られているんだ。そしてリラウサはこのボッシュで生まれたんだ」
「なんでそれをライが知っているんだ?」
「この間、視察でこの村に来た時に教えてもらったんだ」

 ライの話によると、この村のある老人がこの綿毛ロココを利用してリラウサを作ったそうだ。それを持った村の子供達が首都へと訪れた時、とあるぬいぐるみ職人の目に留まった事で普及したそうだ。

「リラウサが大好きなオレの為に、リリーとリオを一緒に連れて来てくれたんだな」
「そんなところだ」
「マジ嬉しいよ!」

 リラウサの誕生がこんな長閑な村からだったなんて驚きだ。実はここがリラウサ誕生の村だという事は極秘らしいのだが、視察によって村人の願いを聞き入れて貰ったお礼に教えてもらい、何人かの騎士はお高いリラウサを手土産にもらって帰ったそうだ。

 ライはすぐにオレにこの村に連れて行きたいと思ってくれたみたいで、ここの領主と村長に話を通し、特例でオレを連れて来る許可をもらったらしい。オレは手に持っているリリーとリオをギュッと抱き締める。

 ループする前のリリーとリオがスロースに連れ攫われた時、ライの部下が見た風呂敷が動いていたというあの話、普通なら信じない話だろうけど、あれはリリーとリオからのSOSだったのではないかとオレは思っている。

 ――二人が本当に無事で良かった。

「リラウサを作った老人から教えてもらったんだけど、この先に村を一望出来る東屋からあるんだって。絶景らしい。そこまで一緒に行ってみよう」
「うん」

 ライはリオを片腕に抱き、もう片方の手でオレの手を握って歩き出した。真っ白な綿毛に囲まれている村はこの世のものとはかけ離れた不思議な世界に見える。

「見えた、あそこだ」

 少し高台となっている場所に屋根が付いた木造の東屋があり、そこまで足を運ぶ。そこからの眺めは圧巻だった。何処を眺めても陽を浴びた白雪のような美しい景観が広がっている。

「凄い、何処までも雪の世界が広がっている!」

 オレは大・興・奮・する! オレ達が住む首都ディジェムは滅多に雪が積もらない。だからこんな真っ白な景観はとても幻想的に見える。

「ライ、有難う。リリーとリオも喜んでいるぞ」
「それは良かった。実はリラウサと一緒にこの東屋から景色を眺めると、幸運を招くと話を聞いて、それでリリーとリオも連れて来てと言ったんだ」
「そうなのか?」
「今後、家族として皆一緒に過ごせるようにっていう思いが叶うといいなって思ってさ」
「え……」

 ――それってライは結婚後の事を言っているんだ!

 ライのほんのりと頬を赤くしてはにかんだ表情に、オレの胸がキュンと高鳴った。

「リリーとリオを家族として見てくれて有難う」
「レインにとっての家族はオレの家族にもなるからな」
「ライ……」

 自然と唇が重なり合う。胸の内から温かさが溢れ出し、全身で幸せを噛み締める。ライから本当に大事にされていると実感する。そして口を割られライの舌がスルリと入り込んできた。オレはビクッと躯が跳ね上がる。

「ライ、ここは外だし誰か人が来たら」
「大丈夫だ。オレ達の為に今日ここは誰も立ち寄らないよう気遣ってもらっている」
「で、でも……」

 ――遠目から誰かに見られるって事もあるんじゃ!

 そう言おうと思ったのに、ライの瞳に快感が灯っている姿を目にして理性が砕けてしまう。口を噤んだオレにライは満足げにオレの唇を封じた。まだ抵抗を感じるオレの舌は行き場に迷う。

 ライの舌が吸いつくように搦め取る。途端に甘やかな麻痺と共に心地好さが込み上げ、抗う意識を凌駕した。歯列から下裏と余す所なく愛撫され、もう駄目だ、あっという間にオレは快楽の虜となって意識が舞い上がっていく。

 知らない地で倒錯的な気分に駆られているのに、いつも以上に敏感に反応し、さっきから淫靡な声がだだ漏れとなっていた。それにぬいぐるみとはいえ、リリーとリオに声を聞かれていると思うと恥ずかしい。

「ラ、ライ、リリーとリオが……」
「じゃあ、二人にはバッグの中に入っていて貰おうか」

 どうやらライはオレがリリーリオを持っていて行為に集中出来ないと思ったようで、二人をバッグの中に隠してしまった。これで集中出来るねと言わんばかりの妖艶な笑みをライは浮かべる。

 熱い舌がネットリと絡み合い、空気が甘い熱を孕んで本格的に乗せられてしまう。熱い塊が擦れ合って水音がクチュクチュと淫らな音を立てる。鼻できちんと息遣いしても苦しい程の情熱的な口づけ。その内に躯が早くライと繋がりたいと疼痛するようになる。

「レイン……もしかして昂奮してる?」

 唇を離されて見つめられていると思ったら、何ていう質問をしてくるんだ、ライは!

「な、何で?」
「だってほらっ」
「んあっ」

 いきなりライは左側の膨らみの頂をキュッと摘まんだ。下着と衣服の上からだというのにコリッとしこった感じが分かる。

「目に見えなくても、ここ・・が硬くなっているのが分かるだろ?」

 そう言いながらライは頂きを擦る。衣服の上からだと、いつもとは異なった妖面な感覚に惑わされてしまう。

「そ、そんなの……分から……ない」

 羞恥に極みでオレは誤魔化す。何処となく頂が浮き出たように見えるのは錯覚か。

「ならこっち・・・なら分かるかもな」
「え? ちょっ、ライ!」

 スルリとライの長い腕がオレのスカートの中へと滑り込んできた。おのずと裾がたくし上げられた格好になってオレは焦る。

「な、何考えているんだよ! だからここは外だって!」

 困惑、怒り、羞恥と感情が綯い交ぜとなって訳が分からない。反対にライは意を介さずに目的へと狙いを打つ。そしてバチッと静電気が通ったような強い刺激に襲われる。

「思っていた以上に濡れてる」
「やあっ」

 フニフニと秘所を揺さぶられ、オレは身を捩ってライから逃れようとした。クルリとライに背を向けると、後ろから抱き竦められる。そのままもつれ合うように躯が屈折して密着する。

「や、やめっ」

 再びライはオレの秘所へと手を伸ばした。

「こんなの駄目だ!」

 オレは躯を揺らして行為を止めようとする。

「本当に駄目だと思ってる?」
「んあっ、やあんっ」

 湿りを帯びた秘所にライは指戯を翻弄し、愉悦を開花させていく。触れられる場所が熱く潤い、躯が沸々と煮え立つ。今日は躯が敏感すぎてオカシイ。

「もう花芯が隆起してる。オレに触れられるのを待っていたみたいだな」
「ち、違うっ」

 花芯を鋭く擦りながらライがまたとんでもない事を言い出した。

「それに蜜がじんわりと滲み出て指に絡みつく」
「そ、そんな……こと……ないって」

 狂わしいほどの快感に足が小刻みに震えてはいるものの、なんとかオレは否定する。

「なら確かめてみよう」
「え?」

 下着を勢い良く摺り下ろされた。挙句の果てに縁に手をついて尻を突き出す姿勢で尻を左右に大きく割られる。

「やあっ」
「やっぱり蜜が溢れてるし、花芯・・は大きくなって屹立してる」

 この体勢から花芯が見えるなんて相当秘所を開かれているって事じゃないか。

「ライ、や、やめろよ……んあっ」

 秘所に柔らかな質量に圧される。

「ごめん、衝動的にキスしたくなった。物欲しそうにヒクついていたから」
「そ、そんなの……知らな」
「艶やかに濡れそぼってヤバイな」
「あぁっ、だ、駄目」

 ライはオレの言葉を聞かず、秘所を舌で愛撫し始める。ディープキスするように蜜壺の中で舌が滑らかに躍動する。

「湯浴みもしてないのに汚いだろっ」
「まさか、馥郁な香りと艶を帯びた花びらで情欲させられる」
「やあっ」

 ここで花芯を指の腹でフルフルと揺さぶられる。ぶわっと快感が湧き出してオレの抵抗を力無きものに打ち砕いた。

「やっぱり気のせいじゃなかったみたいだ。見た目も触った感じも花芯ここは赤く熟れて勃っている」

 もう駄目だ……この快楽に溺れていたい、ライの熱心な愛撫にオレは自分の負けを認める。羞恥と法悦に挟まれて涙目となり、頭の中までぐちゃぐちゃだ。

「指入れてないのにどんどん開いていく感じだ。もう挿れて欲しい?」
「そっ……」

 ――そんな事、ここで駄目だ。

「早く挿れて」

 それなのにオレが口に出したのは真逆の言葉だった。

「レイン、その顔はヤバイ。本当に挿れて欲しかったんだな」

 振り返って答えたオレの表情がライの肉欲を煽ってしまったらしい。

「!」

 いつの間にかライの角度を上に保った熱棒を露わにしていた。いつもより格段に大きいのは気のせいじゃないよな! あれで貫かれたら痛くて怖いと思うのに、ゾクゾクと込み上げてくる高揚感があった。オレはそっと視線を引き剥がす。

「んぁああっ」

 ライの熱く滾った肉杭が勢い良く沈んできた。満身が凄絶に渦巻き、意識が灼き切れそうになる。あっという間にライの楔は隙間なくみっしりと埋まった。何とも言えない一体感だ。

「レイン、そんなに締めないでくれ」
「な……何も……やっていないぞ」
「動いたものなら持っていかれそうだ」

 そう言っておいてライは徐に腰を振り出した。

「んあっ、あんっ、あぁんっ」

 グチュヌチュッと空気を含んだ粘着音が清閑な辺りへと響き渡る。美しい風景を穢してしまうようで居た堪れない。だというのにライが律動を繰り返す度に快感が深々と降り積もり、思考を溶かされる。

 ――気持ち良い、堪らなく気持ち良い。

 そう頭の中が一色に染まり上がり、官能に支配されていた。その内にライはオレの胸を掴んでランダムに形を変えて揉みしだいていく。合わせてオレの背中と深く繋がっている場所へ己の軌跡を残す。滲むように溶け合って一体となっていく。

「はぁ、はぁ、今日はいつもと締め付け方が違う……今日はオレの方が早く果てそうだ」

 ライの息遣いが上がって掠れた声に色の含んだ声は甘い毒のようにオレの躯を狂わせる。おまけに言われた内容も卑猥だ。オレの締め付け方が良くて早く達してしまいそうだって意味だろう。

 躯が大げさなぐらい反応して下肢からドロリとした液体が流れていく。どれだけ二人の情液が溢れたんだ。目にしなくても、この濫りがましい音で大体分かっていた。それは確実にライの振りたくる腰を助力していた。

「ライ……は、激しい」
「レインの中が気持ち良すぎて止まれない」

 続いて胸をドクンと跳ね上げられる。

「くっ……」

 ライの口許から悩まし気な吐息が洩れた。灼けるような快感が全身へと駆け回る。ライの腰の動きがスピードアップしていくと、蓄積した快感が膨れ上がって今にも爆ぜりそうになった。それは愉楽の極致へと昇り詰めようとしていた。

 ――く、来るっ!

 眼前に大きな快楽の大波が見えた。眼裏が白く焼け、意識がライの精液と共に飛散した。

「うっわぁ」

 思っていた以上の精液量を膣内に撒かれ、思わずオレは悲鳴を上げた。急に意識が降下して躯がグラリと傾くところでライの逞しい腕に支えられる。

「レイン、大丈夫か?」

 優しい声色で問われる。深く繋がっていた男根が離れて行く様子に寂寥感を抱く。オレは力を使い切ってダルイ筈なのに贅沢な倦怠感だと思えた。幸せなのだ、大切で愛しいライと法悦を共に出来た事が。

「大丈夫だ」

 そう答えてオレはゆっくりと目の前の木造の腰掛けに座り込んだ。

「悪い、レイン。今回は自制出来なかった」
「ライ……副団長として情けないぞ」

 オレは可愛げなく嫌味を零した。

「レインの中はマジでヤバイ」
「!」

 こっ恥ずかしい事をサラリと言われてオレは瞬時に顔を真っ赤に染めた。

「ラ、ライ! いい加減そのいきり立ったソレ・・を閉まってくれ――――!!」

 オレは見当違い(いや実際に目に刺激的だけど)の言葉を投げつけて羞恥を隠した。さっきまでの甘いムードは何処にいったのやら……。


.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+


「全くあ奴等・・・は昼間から互いを貪り合って」

 無遠慮に人の色事を覗いていた無粋者はいつぞやの女神・・である。

 彼女は呆れ返っているものの、本当は胸を撫で下ろしていた。何故なら……。

「やはり何処かで綻びが出てしまうな」

 彼女の過去の失態・・・・・により、本来レイン・ディアが女性として過ごす生涯を男性として誕生させてしまった。女神はなんとか誤りを正したが、時折誤った出来事がしばしば起きてしまう。今回レインが死を迎える未来もまた綻びの一つであった。

 そんな誤った出来事を修正する為、女神は時を遡らせた。聡いレインであれば特に説明しなくても一人で解決するだろうと悠長に傍観していたが、再びレインが死にかけた時には肝が冷えた。

 予想外だったのはライノーが現れた事。彼はレインのように過去に遡ったと認識していなかった。だというのに予感の一つで己の未来を変えた。それもレインを思う愛が故なのか。彼の存在でレインは助かって正しい未来に戻る事が出来た。

 予想外といえばもう一つ。レインが大事にしているリラウサの二匹。リラウサには「心」が存在する。中でもレインのリラウサは特別。あれらは無意識の内に行動・・を起こす。それは女神でも驚くべき出来事。それもレインがあれらを大事にする想いからか。

 ――やれやれ自己責任とはいえ、まだまだレイン達を見守りそうになるな。

 超面倒くさがりな女神だが、二人を見つめている彼女の姿は愛おしむような笑みを浮かべていたのだった……。





web拍手 by FC2


inserted by FC2 system