STEP63「マラガの森での試練」




「ぎゃっ!!」

 常闇のような深淵しんえんなる森に絶叫が木霊する。私はすぐに身を縮めて口を塞いだ。こんな声を出したもんなら、得体の知れないものに目を付けられ、襲われてしまうかもしれない!

―――さっきから、あの声はなんなんだ!

 先程から何度も耳奥を震わす、人の泣き声をあやふやにしたような気持ち悪い音。獣かなにかが吠えているのだろうか。こちらの世界の動物なんて目にした事がないし、気味が悪いのなんのって!

 如何にもこれから心霊現象が起こります的な、この恐ろしい場所が例の「マラガの森」であった。精霊が棲んでいると聞いていたから、陽光が差し込むような美しく神秘的な森だと想像していたが、鬱蒼と生い茂る森には殆ど陽射しが照らされず、昼間なのに薄気味悪い。

 動物どころか虫ですら生息している様子も窺えない、只々気味の悪い鳴き声が響いてくるだけ。そんな場所に私は身一つで放り投げ出され、そして簡易ランプの光だけで進んでいた。入口からから10分~15分ほど経っている頃だろうか。

 ネープルスはただ真っ直ぐに進めば良いと言っていたが、道は舗装などはされておらず、既に自分が真っ直ぐと進んでいるのかすら、わからない状況だ。こんな場所に身一つで来させられたんだから、堪ったもんじゃない!

―――……っ………っ………っ……。

 また聞こえてきたよ!あの奇妙な鳴き声が…。私は身の毛がよだち、無意識の内に耳を塞いだ。少しでも恐怖を紛らわす為に、ネープルスとのやり取りを回想する。

「そのマラガの森にはどうやって行けばいいのですか?私、仕事中の身なので許可を貰わないと宮殿から出られません」

 マラガの森に行く事を決意した私は冷静に先の事を考えていた。勝手に宮殿の外に出たら、脱走したと思われる。だから殿下やグリーシァン達に許可を取る事から始めないとならない…そう思っていたのだが。

「無理に許可を取る必要はないよ。時間もないしね」

―――いやいや、そりゃヤバイだろ。

 私は心の中で透かさずネープルスに突っ込んだ。

「それはさすがに出来ないですよ」
「ここからすぐに通って行けばいい」
「はい?…ぎゃあ!!」

 私は驚異の雄叫びを上げる!突如目の前に暗黒のモヤモヤが現れた!空間に黒い穴が空いたような妙な光景で、ちょうど人が一人入れる大きさをしていた。

「なんなんですか、それは!」
「この扉(ゲート)はマラガの森の入り口へと繋がっている」
「へ?…もしかしてワープ出来るって事ですか!」
「そうだよ」

 ネープルスはシレッとて答えたけど、うん……かなりおったまげな事なんですけど?また一つ生々しい魔法を見せつけられて、私の心臓がドクンドクンッと高く波打つ。

―――本当に大丈夫なのだろうか。

 今ならまだ断れる。只そうしてしまえば残された道は確実に死だ。それかアッシズに救いを求めるか。だが、それも必ずしも命の保証がされるわけではない。どの道を選んでも死へのリスクを伴う。

 となれば、この時の自分が一番納得する道が……。ジュエリアを見つけられるのであれば、僅かな希望でも飛びつきたい。ヤツを見つけて法の下で裁く、その道を取るならば。

―――ゴクリ。

 視線を黒いモヤモヤへと移すと、躯が硬直して喉元が鳴った。

「さぁさぁ急いで。事は早めに終わらせた方がいい」

 ネープルスから催促され、私は躊躇う気持ちはありつつも、足を一歩踏み出す。ゲートの前まで来ると、ふと足を止める。

―――実に毒々しいオーラだ。

 炎のようなけぶる黒いオーラは質量感も匂いも全く感じさせないが、その姿は実に奇異で禍々しい。

「本当にただ真っ直ぐに突き進むだけなんですよね?」

 ゲートへ入る前に私は再度、ネープルスへ確認を取る。

「うん、本当に真っ直ぐと進むだけだから。そしたら赤い三角屋根の可愛らしい小屋へと着く」
「どのぐらい歩くんですか?」
「う~ん、人によってマチマチかな?数分で着く人もいれば、数時間あるいは数日かかる人もいるみたい」
「それオカシくないですか!」

 すんごい怪しいわ、それ!確かに人によって歩く速度は違うけど、数分と数日の差は違い過ぎる!やっぱ行くのをやめた方が…。

「友達の彼女と会えたら、ボクの名前を言うといいよ」

 私の鋭い突っ込みは素で流された。もうネープルの中では私が森に行く事になっている。

「あの、お友達はどんな精霊さんなんですか?」
「ほらほら早く入った方がいいよ。あまりここで立ち話をしていると、あの悪女に気付かれでもして、妨害してこられると厄介でしょ?」
「…っ」

―――悪女というのはジュエリアの事か。

 アイツは何処かで私を見張っている。ネープルスの言う通り、モタモタしていたら妨害にやってくるかもしれない。邪魔をされてたまるか!そう思った私は反射的にゲートに足を踏み入れた。すると、ゲートのオーラがユラユラと揺れてガチビビッた!

「あ、そうそう大事だから、もう一度伝えておくけど」
「え?」
「絶対に後ろへは振り返っちゃダメだよ?例えなにがあってもね。もしそれを破った時、君は永遠にマラガの森の中を彷徨う事になるから」
「わ、わかっていますって」

 その約束事はしっかりと脳裏に焼き付いてるって!森の中に閉じ込められるだなんてゴメンだ!私の返事にネープルスは微かに笑みを零した。そして…。

「じゃぁ頑張ってね、ヒナちゃん」
「え?」

 最後にいきなり愛称で呼ばれたからビックリした。

―――私の名前知っていたんだ、なんで?

 という素朴な疑問は暗黒のゲートへと入った時には歪んだ空間に気を取られ、綺麗サッパリと消えていった…。

―――今更だが、この選択が正しかったのかと不安ばかりしかない。

 と、後悔をしたところも、もうどうしようもない。今はひたすら前へと進んでいくべき。決して後ろを振り向かないようにして…。

―――……っ………。

「?」

 背後からなにか音が聞こえた?例の奇妙な鳴き声ではないようだ。

―――……ぅん………。

 もう一度、音を耳にする。さっきよりも明確に。今のは動物の声?声の正体を知りたいが、後ろへ振り返る事が出来ない。足を止め躊躇う。いや、考えるまでもない。後ろへと振り返った時点で、私はこの森の中に閉じ込められてしまう。気に留めずに私は進もうとした。

―――くぅん…。

「え!」

 思わず声を張り上げて後ろへ振り返りそうになったが、寸前でブレーキがかかった。

―――今の声、ルクソールだよね?なんで彼がここに!?

 私は愛らしい子犬のルクソールの姿を思い浮かべて吃驚する。

―――ドクンドクンドクンッ。

 心臓の音が不規則に速まる。ま、まさかと思うけど、ルクソールは私の後を追って来たとか?宮殿で私がゲートに入る姿を何処からか目撃して、ついてきてしまったのだろうか。

―――くぅん、くぅん…。

 切なげな鳴き声が辺り一面へと響き渡る。

「ル、ルクソール…」

 どうしてそんなに泣きそうな声で呼ぶの?私が振り返らないから?無視しているんじゃないかと思っているから?無意識に自分の顔が後ろへと振り向こうとしていく。

―――ドクンッドクンッドクンッ。

 鼓動を打つ音が頭に酷く響いている。フッと私は瞼を伏せてしまった。本能が働いて振り返る事が出来ない。ネープルスは二度も忠告をしてきた。決して後ろへ振り返ってはならないと。

―――ルクソールの声は罠…?

 本当にルクソールであるならば、きっと私の前に飛び込んで来てくれる筈だ。

「ル、ルクソール!お願いだから私の前に来て!」

 私は前を向いたまま、後ろにいるルクソールへと向かって懇願する。彼は人間の言葉が理解出来るコだ。本物のルクソールなら私の願いを聞き入れて来る筈。ところが…。
―――シ―――ン。

 なにも音沙汰がなかった。辺りは不気味なほど静寂に支配されている。

「ルクソール!私は後ろへは振り返ってはいけないと言われているの!だから私の前に来て、お願い!」

 もう一度、私は強く懇願した。だが、やはりなにも変化が得られない。という事は…?
―――ドクンッ!

 本能が剣吞を感じ取った。その瞬間、私はギュッとランプを強く握って駆け出していた。歩いて進んでいる場合ではない!この森は本当に危険だ!早く例の精霊の場所に辿り着かなければ!ダダダダダッと私は全速力で森の中を駆け走って行く。

―――くぅん!くぅん!くぅん!

 ルクソールの鳴き声が私を追いかけていた。その声は「待って!ボクを置いて行かないで!」と、叫んでいるように聞こえた。私は罪悪感に苛まれる。

―――ごめんねごめんね、ルクソール!

 私は心の中で何度も何度も謝った。あんなに私に縋るように鳴いて走っているルクソールを私は見捨てているのだ。でもどうしても振り返る事が出来ない。葛藤に精神が発狂してしまいそうだった。

 その間にもルクソールの鳴き声はずっと私を呼んでいた。私は心を鬼にして走り続けた。一体、何処を走っているのかもわからない!奥へ進めば進むほど、深い暗闇の中へと紛れ込んでいき、視界が悪くなる。

 恐怖も上塗りされていく。灰明るかった入口へと戻りたい。しかし、振り返る事すら出来ない。ルクソールにも追いかけられている!姿を見てはいけないと警告が鳴る!もう頭の中がグチャグチャだ!!

―――ふふふっ…。

 何処からともなく女性の薄気味悪い笑いが木霊する。危険な信号の知らせであると察した私はその場に立ち止まり、辺りへと警戒を始める。

―――ふふふっ!

 二回目の高笑いで気付いた。この声は「アイツ」だと!

―――ジュエリア!!

 なんでアイツがここに!?それこそ宮殿から私の後をついてきたのだろうか。……いや待て、そもそもジュエリアは……ネープルスだったのか?思わず背後へと振り返りそうになったが、またギリギリのラインで寸止めした。

 なにかが私を惑わしているだけなのかもしれない。今はジュエリアがネープルスかもしれないという疑惑も振り払って、私は再び走り出そうとした。今一番なにをしなければならないのか、それは突き進んで精霊に会う事だ!

「きゃいんっ、きゃんきゃんっ」

―――え?

 なに……今の?ルクソールの喚く鳴き声に聞こえた?

「貴方はヒナのお友達かしらね?ふふふっ」
「きゃんきゃんっ」

―――な、なに?なにが起きているの?

 背後でルクソールのもがいている必死の声が聞こえてきている!まさかジュエリアに捕まって!?

「ふふふっ、これから貴方を焼き潰してあげるわ」
「きゃんきゃんっ」

―――ルクソール!?

 ルクソールの身の危険を感じた私は反射的に背後へと振り返ようとした…。





web拍手 by FC2


inserted by FC2 system