STEP62「魔術師からの助言」




「はい」

 何故かネープルスは私の目の前に手の平を伸ばしてきた。

―――はいってなんだ?

 なにがしたいのさ?私がポカンと間抜けな顔をして固まっていたら、

「カキン、カキン、カキン♬」

 ネープルスが躯を弾ませながら、リズミカルに「カキン、カキン♬」と唄い出した。カキンってあの「課金」かよ!

「お金は持っていませんって!」
「ただで占う事は出来ないよ?」
「…っ」

 私はあまりにも呆れ返って言葉を失う。人が命を助けてくれと言っているのにこれかなのか!どいつもこいつも所詮は他人事と思っているのか!私は苦虫を噛み潰したような顔に変わる。そんな私の様子を察したのか、

「今、君…」

 ネープルスが重々しく口を開いて、なにかを言い掛ける。

「お金がないから躯で払おうかなぁって思った?」
「んな事、思うか!バカたれ!」

 とんだ見当違いの事を口走られ、私は即座にネープルスを罵った!真顔で訊いてきたからたちが悪い!

「課金って私の命が懸かっているんですよ!人の命とお金どっちが大切だと思っているんですか!?」
「んで、ボクはなにを占えばいいの?」
「え?」

 なんか人の話をフルシカトして本題モードに入った?ネープルスの顔は至極真剣だった。やっと私の必死さが彼にも伝わったのか。

ジュエリア彼女の情報を下さい。明日までに彼女を捕まえられなければ、私はジュエリアとして処刑されてしまいます。私はジュエリアではない。そんな冤罪で命を落としたくありません」

 今にも爆発しそうな思いを必死に抑えながら、私は懇願する。

 …………………………。

 一切言葉を交えず、ネープルスは感情の見えない表情で、私をジッと見据える。

「情報ねー、例えば?」
「ジュエリアの身分や特徴、またはヤツが主に現われそうな場所とか、有力な情報を頂ければ有難いです」
「そうだね~。ていうか、もうタイムリミットが迫っているのに、まだ振り出しの位置にいるんだ?」
「そ、そうです。だから力を貸して欲しいと、お願いしているんです!」
「君さ、ボクの助言アドバイスをてんで無視してくれたもんね。だからジュエリアの良い様にあしらわれるんだよ?」
「え?」

 ネープルスの表情が冷めたものに変わり、私の背中がヒヤッと凍る。この人でもこんな顔を見せるのかと驚きを隠せない。

―――助言アドバイスってなに…?……もしかして?

「”言動に惑わせられるな”?」
「そうだよ、まさにそれ」
「で、でも、それだけでは誰に対しての言葉かわから…な…かっ……」

 私は最後まで言葉を続けられなかった。誰に対して?それは今ネープルスの口から出たよね?それはつまり…?

「貴方は最初からジュエリアが誰か知っていて、ずっと傍観していたんじゃ?」

 私は浮かんだ疑問をそのまま口に出していた。

「…………………………」

 ネープルスはなにも答えない。それは私の言葉通りだと受け取っていいのだろうか。そうであればとんでもない!カッと私の頭の中に火花が散る!

「ジュエリアは誰なんですか!?」
「知らないよ」

 ネープルは顔色の一つも変えずに平然と答えた。

「すっ呆けんな!!」

 私は立ち上がり、ネープルスの胸ぐらを掴んで噛み付く!

「知らない筈がない!“ジュエリアの言動に惑わせるな”なんて、ヤツの事を知らずに忠告なんて出来るか!」

 私は頭に血が上って衝動が抑えられずにいた。目先に少しでもジュエリアに繋がるものがあるなら、見逃すわけにはいかなかった。

「そうは言われても知らないものは知らないよ」
「…っ」

 尚もすっ呆けえる様子を見せるネープル。人が死ぬかもしれないっていうのに、この悠長さはなんだ!……まさか?頭に閃いた新たな考えに動揺が生じて、ネープルスの胸元を掴んでいた手が離れる。

「実は貴方がジュエリア?」

 ネープルスは上級の魔術師だ。しかも宮殿の警備をおこなっている。私を見張る事だって出来るのではないか?極めつけは言動や行動がオカシイ!ジュエリアとしての条件が揃っている。

 フッと右手の拳を開いてみると……妖艶に光り輝く紫の刻印が浮かび上がっていた。紫色の花は上級の魔力を持っている証。今は魔力を抑制しているだろうから、本当は金か銀の色を持っているのかもしれない。

「……君、それ本気で言ってるの?」

 ネープルの眼光が鋭くなる。虎や鷹が獲物を獲る、その瞬間のような…。

―――この顔つきは…。

「嘘です嘘です!貴方を信じています!!」

 私は即行万歳をして否定した。同時に核心へ迫っていた考えが見事に砕け落ちた。ネープルのあの鋭い面持ちはリアルだ。イエスと言った瞬間に噛み食われそうだった。すなわち彼はジュエリアではないという事になる。

「カッと頭に血が上っていました。今は反省しています。スミマセンでした」

 勢いを失った私は肩を竦めて謝る。

「頭に血が上るところは悪いところだね。判断を誤るよ?」
「わかっています。ただそれだけ私は切実なんです。ジュエリアについて知っている事があれば、教えて下さい」
「ジュエリアを見つけたとしてもさ、彼女が素直に捕まってくれるの?」
「んなわけありませんよ!」
「じゃぁ君、彼女と面と向かってもTHE ENDを迎えるだけじゃない?な~んたって相手は魔女らしいし?」
「うっ」

 まさにその通り。真っ向に立ち向かっても、ただの自殺行為としか言いようがない。

「まずはジュエリアが誰かを突き止め、その後グリーシァンに仕留めてもらいます!」
「そんな都合良くはいかないって。もうタイムリミットが近いし、彼女を見つけたら即行捕縛しなきゃじゃない?」
「うっ」

 実に痛い所を突かれた。そう、もう時間がないのだ。後回しに出来るだけの猶予は残されていない。思考が迷走する。なにか他に方法がないのか懸命に思案を巡る。

「ん~~~、そしたら私、魔法が持てませんか!」
「え?いきなりだね?」

 私の突然の切り替えしにネープルスは口をポカンとしている。自分でも突拍子もない事を言ったとは思っている。だが自分一人でなんとかするには魔法の一つや二つが使えないと!

「怪我をしたら回復、命を落としたら蘇生が出来る白魔法とか、ジュエリアよりも上回る攻撃力の高い黒魔法とか、そういった強力な魔法が欲しいんです!」
「いやそもそも君、魔力を持てる器じゃなんだから、魔法自体を駆使出来ないよ?」
「え?…それって」

 根本的に無理という事かよ!

―――終わった…。

 私は心と共に項垂れる。ジュエリアを見つける事ばかりに気を取られ、見つけた後の事をどうするか考えていなかった。一体どうしたらいいのさ!

「そしたらボクの友達を紹介してあげるよ!」
「は…い?」

 人がう~う~と唸っているところにだ。ネープルスが妙な事を言い出した。この流れで何故友達の紹介という話になる?彼の朗らかな笑みに深い裏がありそうで怖い。

「なんですか、そのお友達というのは?」
「友達は精霊なんだけど」
「(。´・ω・)ん?精霊?」

 馴染みのない言葉が出てきて、私は目のパチクリを繰り返す。

「君は魔法が使えない。だから精霊の力を貸してもらえばいいんじゃいかって思ってね」
「えっと…?」

 いきなり精霊ときて「はい、わかりました」と、言えないんですが?未だに私はファンタジーの用語に知識がないし。

「ただし、ただで友達の協力を得る事は出来ないよ。ジュエリアという最も危険人物を相手にするリスクがあるからね」

 瞬時に空気が強張る。ネープルスの声色がガチに真剣で、なにか意図があると私は察した。

「なにか条件があるとも?」
That’s Right!その通りんで、ボクの友達は”マラガの森”に棲んでいるよ」
「マラガ?」

―――何処かで聞いた事のある名前だ。

 私はネープルスから視線を外して記憶を辿る。

―――確か私が最初にこの世界に来た時に、気を失っていた場所だ。

 なんだか不穏を覚える。そんな場所に本当に精霊が棲んでいるのだろうか。おのずと私の眉間に皺が寄る。

「そのマラガの森へ行ってネープルスさんのお友達に会えという事ですか?」
「そうだよ」
「それがさっきの条件ですか?」
「うん、そう。マラガの森は通常人が寄り付かない」
「え?なんでですか?」

 早速予感が的中か。私の胸がより騒めき始める。

「迷い込んだら森から出られない確率が高いから」
「そんな森に入ったら自殺行為じゃないですか!逆にお友達に来てはもらえないのですか!」
「大丈夫だよ」
「はい?」

―――それは私の元に来てくれるという意味か?

 なんていう期待にはならなかった。

「友達の所までは森の入り口から、ただ真っ直ぐと突き進めば良いだけだから。歩いている内に可愛らしい小屋が見えてくる。そこがボクの友達の家」
「いやいやいや、真っ直ぐに進むだけなら迷ったりは「進んでいる間だけど…」」

 私がみなまで言わぬ内にネープルスは言葉を被せてきた。

「決して後ろを振り向いては行けないよ。後ろへ振り向いたら君は永遠に森から出られない。ね?簡単でしょ?約束さえ守れれば、必ず友達の所には辿り着けるのだから」
「…………………………」

 胸の内が酷く騒めいていた。そもそもネープルスの友達の話は本当なのか?もし偽りであれば、私はマラガの森に閉じ込められ、永遠に出られなくなるだろう。それは死を意味する。これは罠かもしれない。安易に話に乗るのは危険だ。この話は断ろう。

「“彼女”ならきっと君の力になる。ジュエリアの所まで導いてくれると思う」

 そのネープルスの言葉が甘い悪魔の囁きのように聞こえた。もしその精霊が私の味方についてくれるのであれば、ジュエリアを見つけられるかもしれない。もう私に残された時間は残り二日のみなのだから…。





web拍手 by FC2


inserted by FC2 system